小鼻にするための手術内容について

鼻は顔の中でも、中心のパーツとなるので、顔の印象を決める大切な部位です。
鼻の大きさや形によって、顔全体のバランスが決まってくるので、大きな鼻や低い鼻の人はコンプレックスになっていることも多いです。
特に横に広がっているような大きな鼻は、鼻に目が行きやすいということだけでなく、顔が大きく見えてしまったり、目などの他のパーツが小さく見えてしまうというリスクがあります。
コンプレックを解消するための、小鼻にする美容整形手術を行うことも可能です。
鼻を小さくするための手術には、いくつかの方法があります。
医師と相談をして、もともとの鼻の形から、理想としている仕上がりの状態にするための、最適な手術方法を決めていくと良いでしょう。
丁寧なカウンセリングが重要です。

小鼻にするための美容整形手術とは

鼻を小さくするための美容整形手術には、いろいろな方法があります。
横に広がっている鼻の場合には、鼻の両サイドの皮膚を切開して、横幅を小さくするという方法があります。
他にも、鼻筋を通すことで、高さを出して横幅を小さく見せるという方法もあります。
鼻の美容整形手術の場合、一つの手術方法だけでなく、いくつかの方法を組み合わせて行うことも珍しくありません。
人口プロテーゼを挿入して、鼻筋を高くしながら、小鼻をカットして鼻全体を高くコンパクトにするという方法もあります。
鼻先の向きや高さを調節することで、顔全体のバランスも変わってくるので、きちんとシミュレーションをして、希望するデザインになるように、担当の医師としっかりと話し合いましょう。
カウンセリングがとても大切です。

美容整形手術におけるリスクとは

小鼻にするための美容整形手術にはリスクが必ず伴います。
最も多いのが、仕上がりのイメージが希望通りにならなかったというものです。
これは、カウンセリング時に医師とのイメージのすり合わせが上手にできていなかったり、医師の技術力が未熟であることが原因だと考えられます。
技術力のあるしっかりとした医師の場合、カウンセリングの時間をとても大切にします。
もともとの鼻の状態や骨の状態をしっかりとチェックして、希望しているデザインにするためにはどのような手術が必要となるのか、どのようなリスクがあるのかということを話していきます。
不安な点や疑問点にもきちんと答えてくれるような、信頼できる医師を選ぶことで、安心して手術を受けることが出来るので、医師選びは慎重に行いましょう。